行の番号、列のアルファベットを取得 - Googleスプレッドシート関数

行の番号、列のアルファベットを取得 - Googleスプレッドシート関数

使用する関数:ROW COLUMN ADDRESS INDIRECT

行の番号、列のアルファベットを取得

行の番号を取得

行番号は「ROW」関数を使います

例)現在のセルの行番号
=ROW()

例)特定のセルの行番号
=ROW(A10)

列アルファベットは「COLUMN」「ADDRESS」関数を使います

例)現在のセルの列アルファベットを数値で取得
=COLUMN()

例)現在のセル番地を取得しADDRESSでアルファベットに変換
=ADDRESS(ROW(),COLUMN())
=$B$9

ADDRESS関数は引数を省略すると列のアルファベットを絶対アドレスで取得します。 相対アドレスで取得するには引数に「4」を指定します
=ADDRESS(ROW(),COLUMN(),4)
=B11
取得したアルファベットをセルの番地として認識させる

=ADDRESS(12,COLUMN(),4)
=ADDRESS(12,2,4)
=B12
セルに「B12」と表示されます

上記のように取得した「B12」はこのままではただの文字列で、 セルのアドレスとして認識させるには「INDIRECT」関数を使います

=INDIRECT(ADDRESS(12,COLUMN(),4))
=INDIRECT(ADDRESS(12,2,4))

「=B12」と同様でB12のセルが表示されます
COLUMN関数の使い方

行の番号を取得

上はセルに1、2、3、4、5、6、7・・と入力
下はすべて「=COLUMN()-2」

列「H」と列「I」の間に列を挿入した場合

行の番号を取得

直接通し番号で入力した場合
「6」と「7」の間に列を挿入すると
「7」以降の数字がずれます

列番号「=COLUMN()」から「-2」することですることで1からの通し番号になります


行の番号、列のアルファベットを取得 >HOME

Googleスプレッドシート関数

複数の関数の組み合わせ

Googleスプレッドシートでポーカー 使用する関数:RAND VLOOKUP LARGE IMAGE

氏名や住所など文字列の分割 使用する関数:SPLIT MID  LEN SEARCH SUBSTITUTE

郵便番号から住所を取得 使用する関数:IMPORTXML SUBSTITUTE IF

WEBサイトからタイトルやキーワード、アイコンを取得 使用する関数:IMPORTXML IMAGE  LEFT SEARCH

行の番号、列のアルファベットを取得 使用する関数:ROW COLUMN ADDRESS INDIRECT

ランダムパスワード生成 使用する関数:RAND INDIRECT SUM IF LEN SORT

4桁の数字や文字列のパスワード 使用する関数:RAND  RANK  MID  CONCATENATE CHOOSE

(C) 2001-2021 Digital World