チェックボックスの利用方法 - Googleスプレッドシート関数

チェックボックスの利用方法 - Googleスプレッドシート関数

Googleスプレッドシートではチェックボックスはセルに依存します
□を「FALSE」または「0」、☑を「TRUE」または「1」で取得することができます(デフォルトは「FALSE」)
また、フォントの指定でチェックボックスに色を付けたり、セルの書式設定で背景色を変えたり、チェックボックスのサイズを大きくすることができます



チェックボックスの利用方法 - Googleスプレッドシート関数

セル C3) =B3
セル C4) =B4

普通にエクセルのように使う場合は

IF関数でチェックが入ったとき「1」にする
セル D3) =IF(B3,1,0)
セル D4) =IF(B4,1,0)

IF関数でチェックが入ったとき「〇」にする
セル E3) =IF(B3,"〇","×")
セル E4) =IF(B4,"〇","×")

GoogleスプレッドシートではIFを使わなくても
「FALSE」と「TRUE」に別の文字列を設定することができます

チェックボックスの値を変更

データ > データの入力規則 > 条件
カスタムのセル値を指定する
チェックマーク付き → 1
チェックマークなし → 0

これでチェックボックスのセルがチェックマーク付きが「1」、チェックマークなしが「0」になります

チェックボックスの合計

セル B9)=SUM(B3:H7)
チェックボックスが1なので全部をSUM関数で合計すると
チェックマーク付の数だけ合計されます
チェックボックス:チェックを入れたら答え

チェックを入れたら答えを表示

セル)D3
=IF(C3=1,"初心者、見習い","")

セル)D4
=IF(C4=1,"園芸、園芸術","")

セル)D5
=IF(C5=1,"滑らかな、流暢な","")

セル)D6
=IF(C6=1,"手品師、奇術師","")

セル)D6
=IF(C7=1,"成層圏","")
チェックボックス:2進数と10進数

チェックを1として2進数と10進数を表示

セルG2)=G3
セルH2)=H3
セルI2)=I3
セルJ2)=J3
セルK2)=K3

セルI5)=CONCATENATE(G3:N3)
セルI6)=BIN2DEC(CONCATENATE(G3:N3))
チェックボックス:10進数を2進数に変換

10進数を2進数に変換して1の桁にチェックを入れる
セルI9に511以内の整数を入力すると1の桁のチェックボックスにチェックが入ります

セルI10)=TEXT(DEC2BIN(I9),"000000000")

セルG12)
=SPLIT(SUBSTITUTE(SUBSTITUTE(I10,"1"," 1"),"0"," 0")," ")

セルG13)=G12
横へコピー
エクセルのチェックボックスとの違い

エクセルのチェックボックスはオブジェクトなので自由に移動できますが、Googleスプレッドシートのチェックボックスは「セルの値」なのでセル内からは移動できません

エクセルのチェックボックスは大きさは変更できませんが、Googleスプレッドシートのチェックボックスはフォントの大きさを変えることで自由に大きくすることができます

チェックボックスの色

セル G3)フォント:赤
セル H3)フォント:青
セル I3)フォント:緑
セル J3)フォント:白 背景:白
セル K3)背景:黄色
セル L3)背景:水色
セル M3)フォント:白 背景:青
セル N3)フォント:白 背景:赤

見えないチェックボックス

背景と文字を白くすると見えなくなります
セル J3)フォント:白 背景:白

これをクリックすると

実行してもよろしいですか?
目に見えないチェックボックスをクリックした可能性があります。切り替えますか?

と確認のメッセージが出ます

参考:⦿オプションボタンと☑チェックボックスの使い方
チェックボックスを使用した他のページ
Googleスプレッドシートでポーカー
ランダムパスワード生成

チェックボックスの利用方法>HOME

Googleスプレッドシート関数

(C) 2001-2021 Digital World