セル内の余白の取り方 - Googleスプレッドシート関数

セル内の余白の取り方 - Googleスプレッドシート関数

全角スペースか半角スペース以外でセル内で余白を作る場合書式で設定します

メニューバー - Googleスプレッドシート関数

配置や上下はメニューバーの「水平方向の配置」「垂直方向の配置」「テキストの折り返し」「テキストの回転」ボタンで調整します

メニューバー - Googleスプレッドシート関数

上記の表はB列が左寄せになっていますが、少し余白を付けたい場合

メニューバー - Googleスプレッドシート関数

左に余白を付けたいセルを選択

メニューバー - Googleスプレッドシート関数

表示形式 > 数字 > 表示形式の詳細設定 > カスタム数値形式

メニューバー - Googleスプレッドシート関数

カスタム数値形式メニューを開きます

メニューバー - Googleスプレッドシート関数

カスタム数値形式に「__@」(アンダーバー、アンダーバー、アットマーク)と入力して適用します
アンダーバーが2回とアットマークです
メニューバー - Googleスプレッドシート関数

数値の右側に余白を付けたい場合は「#__」

メニューバー - Googleスプレッドシート関数

これで文字列の左に半角分の余白
数値の範囲内は右に半角分の余白をつけつことができます
エクエルも同じ方法で余白を付けますが(参考:セル内の余白の取り方
エクセルは「_@」(アンダーバー、アットマーク)
アンダーバー1つに付き半角スペース1つ分余白になりますが
Googleスプレッドシートでは「__@」(アンダーバー、アンダーバー、アットマーク)
アンダーバー2つで半角スペース1つ分余白になります

半角スペース2つ分の余白を取りたい場合は
Googleスプレッドシートでは
「____@」(アンダーバー×4つ、アットマーク)

エクセルでは
「__@」(アンダーバー×2つ、アットマーク)

セル内の余白の取り方>HOME

Googleスプレッドシート関数

(C) 2001-2021 Digital World