重複を削除して並び替え - Googleスプレッドシート関数

重複を削除して並び替え - Googleスプレッドシート関数

UNIQUE(ユニーク)関数で重複を削除
SORT(ソート)関数で並び替え
SUMIF(サムイフ)で合計を出します

・関数UNIQUE(ユニーク)
・書式=UNIQUE(範囲)
・内容指定した範囲内の重複を削除します。
範囲:複数の列を指定すると行の内容がすべて一致しないと削除されません
・関数SORT(ソート)
・書式=SORT(範囲, 並べ替える列, 昇順, [並べ替える列2, 昇順2, ...])
・内容指定した範囲内の並び替えをします。
範囲:並び変えたい範囲をすべて選択します
並べ替える列:複数の列を順番に指定することができます
昇順:TRUE(昇順)またはFALSE(降順)で指定。(省略するとTRUEになります)
・関数SUMIF(サムイフ)
・書式=SUMIF(範囲,検索条件,合計範囲)
合計範囲を省略すると範囲を合計します
・内容一覧表の中から指定された検索条件に一致するセルの値を合計します。
B列に複数の商品名があり、そこから重複を削除して、キーワード順に並び替え、その商品の合計を出します

表サンプル
  A B C D E F G H
1              
2   商品名 個数   重複を削除 並び替え 合計個数  
3   AAA 100   AAA AAA 600  
4   GGG 500   GGG BBB 1100  
5   CCC 300   CCC CCC 900  
6   FFF 200   FFF DDD 200  
7   BBB 600   BBB EEE 300  
8   AAA 200   DDD FFF 200  
9   AAA 300   EEE GGG 800  
10   DDD 200          
11   CCC 600          
12   EEE 300          
13   BBB 500          
14   GGG 300          
15                
セルE3の数式 :B3~B14の範囲の重複を削除
=UNIQUE(B3:B14)

セルF3の数式 :E3~E9の範囲を並び替え
=SORT(E3:E9)

セルG3の数式 :B列を検索して合計を取得
=SUMIF($B$3:$B$14,F3,$C$3:$C$14)


UNIQUEとSORTとよく使う関数
 IF  値または数式が条件を満たしているかどうかをテストできます。
 VLOOKUP  表の範囲を列から検索して呼び出す


重複を削除して並び替え>HOME

Googleスプレッドシート関数

(C) 2001-2021 Digital World