よく使うショートカットキー - Googleスプレッドシート関数

よく使うショートカットキー - Googleスプレッドシート関数

Googleスプレッドシートでよく使うキーボードのショートカットキー


1.「Ctrl」+「A」すべて選択(All)
「Ctrl」+「A」すべて選択

2.「Ctrl」+「X」切り取り
「Ctrl」+「X」切り取り

3.「Ctrl」+「C」コピー(Copy)
「Ctrl」+「C」コピー

4.「Ctrl」+「V」貼り付け
「Ctrl」+「V」貼り付け

覚え方
コピーや切り取り貼り付けは「Ctrl」を押しながら「A」「X」「C」「V」
「Copy」の「C」でそのキーの両側が「X」切り取りと「V」貼り付け
すべて選択は「ALL」の「A」
「Ctrl」+「A」「X」「C」「V」
5.「Ctrl」+「Shift」+「V」値のみ貼り付け
「Ctrl」+「Shift」+「Z」戻る

6.「Ctrl」+「Z」元に戻す
「Ctrl」+「Z」元に戻す

7.「Ctrl」+「P」印刷プレビュー(Print)
「Ctrl」+「P」印刷プレビュー

8.「Ctrl」+「B」太字(Bold)
「Ctrl」+「B」太字

9.「Ctrl」+「U」下線(Underline)
「Ctrl」+「U」下線

10.「Ctrl」+「I」斜体(Italic)
「Ctrl」+「I」斜体

11.「Ctrl」+「F」検索ボックスを表示(Find)
「Ctrl」+「F」検索ボックスを表示

12.「Ctrl」+「H」置換ボックスを表示(Hunction)
「Ctrl」+「H」置換ボックスを表示

13.「Ctrl」+「:」日付を挿入
「Ctrl」+「:」日付を挿入

14.「Ctrl」+「Shift」+「:」時刻を挿入
「Ctrl」+「Shift」+「:」時刻を挿入

15.「Ctrl」+「Shift」+「:」日付と時刻を挿入
「Ctrl」+「Shift」+「:」日付と時刻を挿入

エクセルの日付を挿入は「Ctrl」+「;(セミコロン)」日付を挿入は「Ctrl」+「:(コロン)」ですが
Googleスプレッドシートでは「Ctrl」+「;(セミコロン)」は「+」なのでブラウザの拡大が優先されるので日付を「Ctrl」+「:(コロン)」時刻を「Ctrl」+「Shift」+「:(コロン)」としています
16.「Ctrl」+「@」セルの数式を表示
「Ctrl」+「@」セルの数式を表示

エクセルのセル内の数式の表示「Ctrl」+「Shift」+「@」ですが
Googleスプレッドシートでは「Ctrl」+「@」で関数や数式の入力されたセルすべての内容が数式表示されます

上記の
1.「Ctrl」+「A」 すべて選択
2.「Ctrl」+「X」 切り取り
3.「Ctrl」+「C」 コピー
4.「Ctrl」+「V」 貼り付け
5.「Ctrl」+「Z」 戻る
1~5までは他のソフトやアプリ、メールなどでも共通のショートカットキーとして利用できるので覚えておいた方がよいでしょう


よく使うショートカットキー >HOME

Googleスプレッドシート関数

(C) 2001-2021 Digital World