セル内にミニグラフを作成する「SPARKLINE」関数 - Googleスプレッドシート関数

ミニグラフを作成する「SPARKLINE」関数 - Googleスプレッドシート関数

Googleスプレッドシートでセル内にミニグラフを作成する「SPARKLINE」関数は、指定されたデータ範囲とオプションに基づいて、セル内にグラフを作成します。グラフの種類によってオプションが変わります。デフォルトは横折れ線グラフです

グラフの種類 "charttype"
"charttype","line"折れ線グラフ(デフォルト)
"charttype","bar"積み重ね棒グラフ
"charttype","column"縦棒グラフ
"charttype","winloss"正と負
オプションを指定しない場合(グラフの種類は「横折れ線グラフ」"charttype","line"になります
・関数SPARKLINE(スパークライン)
・書式=SPARKLINE(範囲)
・内容データ範囲とオプションに基づいて、セル内にグラフを作成します
セル内にミニグラフを作成する「SPARKLINE」

セルM3の数式
=SPARKLINE(B3:K3)
「横折れ線グラフ」"charttype","line"のオプションを指定する場合
"xmin" 横軸の最小値
"xmax" 横軸の最大値
"ymin" 縦軸の最小値
"ymax" 縦軸の最大値
"color" 線の色。例)"red"、"green"、"#ff0000"
"empty" 空のセルの処理方法。例)"zero"、"ignore"
"nan" 非数値データを含むセルの処理方法。"convert" または "ignore"
"rtl" グラフを右から左に描写するかどうかを指定。 true または false
"linewidth" グラフ内の線の太さ。数値が大きいほど線が太くなります。

「SPARKLINE」横折れ線グラフ
セルM4の数式
=SPARKLINE(B4:K4,{"charttype","line";"xmin", -1;"xmax",7;"ymin",0;"ymax",40;"color","red"})
オプションでグラフの種類
「積み重ね棒グラフ」"charttype","bar"を指定した場合
"max" 横軸の最大値
"color1" 縦棒の 1 つ目の色。例)"red"、"green"、"#ff0000"
"color2" 縦棒の 2 つ目の色。例)"red"、"green"、"#ff0000"
"empty" 空のセルの処理方法。例)"zero" や "ignore" などがあります。
"nan" 非数値データを含むセルの処理方法。"convert" または "ignore"
"rtl" グラフを右から左に描写するかどうかを指定。 true または false

「SPARKLINE」積み重ね棒グラフ
=SPARKLINE(範囲, {グラフの種類;1 つ目の色;2 つ目の色})
セルM5の数式
=SPARKLINE(B5:K5, {"charttype","bar";"color1","#0000ff";"color2","#ff66ff"})

オプションの指定方法 例
"max",50全体の合計値
"color1","red"1つ目の色 赤
"color2","green"2つ目の色 緑
"empty","zero"空のセルを0として表示
"empty","ignore"空のセルは非表示
"nan","convert"セルが数字ではない場合0として表示
"nan","ignore"セルが数字ではない場合非表示
"rtl","true"グラフを左から表示
"rtl","false"グラフを右から表示
※注意
「積み重ね棒グラフ」の場合"empty","zero"と"nan","convert"は0として表示なので、1つ飛ばすと色が重なるので見えにくくなります
オプションでグラフの種類
「縦棒グラフ」"charttype","column"を指定した場合
"color" 縦棒の色。例)"red"、"green"、"#ff0000"
"lowcolor" グラフ内の最小値の色
"highcolor" グラフ内の最大値の色
"firstcolor" 最初の縦棒の色
"lastcolor" 最後の縦棒の色
"negcolor" すべての負の縦棒の色
"empty" 空のセルの処理方法。例)"zero" や "ignore" などがあります。
"nan" 非数値データを含むセルの処理方法。"convert" または "ignore"
"axis" 0軸を表示。true または false
"axiscolor" 軸の色("axis",true 場合)
"ymin" 縦棒の高さを指定する最小値
"ymax" 縦棒の高さを指定する最大値
"rtl" グラフを右から左に描写するかどうかを指定。 true または false

「SPARKLINE」縦棒グラフ
=SPARKLINE(範囲, {グラフの種類;0軸を表示;軸の色})
セルM6の数式
=SPARKLINE(B6:K6, {"charttype","column";"axis",true;"axiscolor","#ff0000"})

オプションの指定方法 例
"max",50全体の合計値
"color","#00ff00"グラフ棒の色 緑
"color2","green"2つ目の色 緑
"empty","zero"空のセルを0として表示
"empty","ignore"空のセルは非表示
"nan","convert"セルが数字ではない場合0として表示
"nan","ignore"セルが数字ではない場合非表示
"axis",true0軸を表示
"axis",false0軸を表示の場合の色
"rtl",trueグラフを左から表示
"rtl",falseグラフを右から表示
※"axis"や"rtl"の「true」と「false」は「"」ではさむとエラーになります

セル内にミニグラフを作成する「SPARKLINE」関数 >HOME

Googleスプレッドシート関数

(C) 2001-2021 Digital World