「AVERAGE」と「AVERAGEA」の違い - Googleスプレッドシート関数

「AVERAGE」と「AVERAGEA」の違い - Googleスプレッドシート関数

指定した範囲内のセルの平均値を返すAVERAGE(アベレージ)とAVERAGEA(アベレージエー)の違い

・関数AVERAGE(読み方:アベレージ)
・書式=AVERAGE(数値1, 数値2, ...)
・内容平均を求める数値データを指定します。
空白=無視 文字列=無視 未入力=無視
・関数AVERAGEA(読み方:アベレージエー)
・書式=AVERAGEA(数値1, 数値2, ...)
・内容平均を求める数値データを指定します。
空白=0 文字列=0 未入力=無視
AVERAGE 関数は空白や文字列は対照としません
(空白=無視 文字列=無視 未入力=無視)

AVERAGEA 関数は空白や文字列を「0」として計算します
(空白=0 文字列=0 未入力=無視)

どちらも未入力は計算対象になりません
何もない未入力を対象にする場合は未入力セルに「'」または「=""」を入力すると空白になるので「0」として計算対象になります
※空白と未入力の違い:
 未入力は何も入力されていない状態
 空白は数式が入力されている場合
 =IF(A1=0,"○","") などで結果が空白なら空白です
サンプル:7行目の数式にAVERAGE(アベレージ)
  A B C D E F G
1              
2     国語 算数 理科 社会  計 
3   鈴木 87 ="" 70 90 247
4   佐藤 76 69 --- 72 217
5   小林 60 88 90   238
6   高橋 98 95 95 90 378
7   平均 80.3 84.0 85.0 84.0 270.0
サンプル:7行目の数式にAVERAGEA(アベレージエー)
  A B C D E F G
1              
2     国語 算数 理科 社会  計 
3   鈴木 87 ="" 70 90 247
4   佐藤 76 69 --- 72 217
5   小林 60 88 90   238
6   高橋 98 95 95 90 378
7   平均 80.3 63.0 63.8 84.0 270.0
上記「AVERAGE」と「AVERAGEA」では平均点が違います

「算数」列を見ると(鈴木の空白は数式で「=""」と入力しています)
AVERAGE は「=""」を無視して「(69+88+95)÷3」としています
AVERAGEA は「=""」を含めて「(0+69+88+95)÷4」としています

「理科」列を見ると
AVERAGE は「---」を無視して「(70+90+95)÷3」としています
AVERAGEA は「---」(文字列)を含めて「(70+0+90+95)÷4」としています

「社会」列を見ると(小林の空白は未入力のセルです)
AVERAGE は「未入力」を無視して「(90+72+90)÷3」としています
AVERAGEA も「未入力」を無視して「(90+72+90)÷3」としています

「AVERAGE」と「AVERAGEA」の違いを簡単に説明すると
「AVERAGE」は数値しか対象としません
「AVERAGEA」は未入力のセル以外(文字列や数式が入っていれば)対象とします
結果が0になる、エラーになる場合

・対象セルが文字列で数字を表示してる
→結果は0になります
→表示形式>数字>自動または数値

・数値の頭に「'」シングルクォーテーションが付いている
→結果は0になります
→「'」を消します
(シート内一括で消す場合「Ctrl」+「H」で置換ボックスを開き「'」を空白に置換します)

・対象セルがすべて未入力
→「#DIV/0!」エラーになります
すべて未入力の場合を空白、または特定の文字にする場合は「IFERROR」関数でエラー時の表示を空白、または特定の文字にすることができます
例,空白にする場合)=IFERROR(AVERAGE(A1:A20),"")
例,「---」と表示)=IFERROR(AVERAGE(A1:A20),"---")

「AVERAGE」と「AVERAGEA」の違い>HOME

Googleスプレッドシート関数

よく似た関数の違い

「AVERAGE」と「AVERAGEA」の違い  指定した範囲内のセルの平均値を返す関数の違い

「SUM」と「SUMIF」の違い  選択したセル、範囲指定したセルを合計する関数の違い

「NOW」と「TODAY」の違い  現在の日時を取得する関数の違い

「FIND」と「SEARCH」の違い  セル内の文字列を検索する関数の違い

「FIXED」と「ROUND」の違い  小数点以下の数字を桁数を指定して四捨五入する関数の違い

「LARGE」と「MAX」と「MAXA」の違い  指定した範囲から最大値を返す関数の違い

「SUBSTITUTE」と「REPLACE」の違い  文字列を別の文字列に置き換える関数の違い

「NE」と「EXACT」と「DELTA」の違い  2つの文字列が同一であるかを検証する関数の違い

「JOIN」と「TEXTJOIN」の違い  指定した区切り文字を追加して文字列を結合する関数の違い

「IMPORTHTML」と「IMPORTXML」の違い  WEBサイトからデータを取得する関数の違い

「TRUNC」と「ROUNDDOWN」の違い  指定した桁数以下の数値を切り捨てる関数の違い

「CEILING」と「ROUNDUP」の違い  数値を切り上げする関数の違い

(C) 2001-2021 Digital World