bps(ビーピーエス)を byte(バイト)に換算

bps(ビーピーエス)と byte(バイト)を相互変換
bps(ビーピーエス)を byte(バイト)に換算 - Googleスプレッドシート関数

通信速度 bps(ビー ピー エス)と通信量 B(バイト)
スピードを表すMbpsとダウンロードやアップロードした量を表すMBの計算方法

光 100Mbps や無線ルータなどで Mbps と表記されているのは通信速度で
最大 100Mbps で通信できますよという意味で
毎秒 100MB ダウンロードできるわけではありません

通信速度は Mbps(メガ ビー ピー エス)で表示されますが
実際にダウンロードされる通信量は MB(メガバイト)や GB(ギガバイト)で表示されます

bps = b(ビット)ps(パーセコンド)
bps = bit per second(ビットパーセコンド)
1秒間に通信できる「bit(ビット)数」

B/s = B(バイト)/s(パーセコンド)
B/s = byte/s(バイトパーセコンド)
1秒間に通信できる「byte(バイト)量」

また「bps」は通信速度なので
100秒10000秒と増えればその分0が増えます
1000b = 1Kb
1000Kb = 1Mb
1000Mb = 1Gb
国際単位に従って「0」3つでK→M→Gと表記されますが

「B(バイト)」は
1024B = 1KB
1024KB = 1MB
1024MB = 1GB
「B(バイト)」では数値が異なります
※参照(byte(バイト)をKB GB TB に変換

数字で表すと
8bps = 1B(1byte/s)
Mbps(メガ ビー ピー エス)を換算
「100Mbps」は「約12MB」

セルB3に100と入力

セルB5)=B3*1000
セルB6)=B3*1000*1000
セルB8)=(B3*1000*1000)/8
セルB9)=(B3*1000*1000)/8/1024
セルB10)=(B3*1000*1000)/8/1024/1024
セルB11)=(B3*1000*1000)/8/1024/1024/1024

良く使われる単位はセルB10で
100Mbps = 11.92092896MB
ルーターなどに記述された「100Mbps」は「約12MB」
最大12MBを送ることができることになります
MB(メガバイト)を換算
100MBを1分以内にダウンロードする速度は最低14Mbps

セルB15に100と入力

セルB17)=B15*1024
セルB18)=B15*1024*1024
セルB20)=(B15*1024*1024)*8
セルB21)=(B15*1024*1024)*8/1000
セルB22)=(B15*1024*1024)*8/1000/1000

MB を Mbps に換算することはあまり無いと思いますが
逆算で100MBを1分以内にダウンロードするための速度は

上記の表22行目から
838.8608 Mbpsで100 MBを1 秒ですから60で割ります
838.8608÷60=13.98101333
約 14 Mbps

100 MBを1 分以内にダウンロードするための速度は
最低14 Mbps必要ということになります

Googleスピードテストはこちら↗
通信速度とダウンロード時間の一覧(秒)
ダウンロード時間一覧
表の見方:通信速度が5Mbps場合50MBをダウンロードにかかる時間は83.89秒

セル)C4
=ArrayFormula((SUBSTITUTE(C3:G3,"MB","")*1024*1024)/(SUBSTITUTE(B4:B16,"Mbps","")*1000000/8))
※計算上の数値で実際の数字を保証するものではありません

3行目:10 MB 50 MB 100 MB 500 MB 1000 MB
B列:1 Mbps 3 Mbps 5 Mbps………
セルに単位を入れているのでSUBSTITUTEで単位を消してから計算しています

縦と横で同じ計算なので配列数式「ArrayFormula」を使用しています

配列数式「ArrayFormula」

配列関数は数式を入力後、セルに数式を表示させ
「Shift」+「Ctrl」を押しながら「Enter」で展開されます

ダウンロード時間早見表
配列数式「ArrayFormula」とは
Array:配列
Formula:数式
縦と横の計算の場合
「B4*C3」のように縦と横のセルを計算しますが
ArrayFormulaは
ArrayFormula(C3:G3*B4:B16)のように
範囲を指定することで範囲内すべてに同じ計算がされます
範囲内に何か入力されていると「#REF!」エラーになります

新しいエクセルにはSPILLという機能があり範囲を指定するだけで計算されます
CONCATENATE(コンカテネイト)とSPILL(スピル)
XLOOKUP(エックスルックアップ)とSPILL(スピル)
FILTER(フィルター)とSPILL(スピル)


bps(ビーピーエス)を byte(バイト)に換算>HOME

Googleスプレッドシート関数

(C) 2001-2021 Digital World