MEDIAN(メディアン)Googleスプレッドシート関数

MEDIAN(メディアン)Googleスプレッドシート関数

MEDIAN(メディアン)は、指定した範囲の中央値を返します。
指定した範囲内のセルすべてが空白の場合「#NUM!」エラーになります
・関数MEDIAN(読み方:メディアン)
・書式=MEDIAN(値1, 値2, ...)
・内容指定した範囲の中央値(最小値と最大値を除いた平均値)を返します
使い方
例)=MEDIAN(1,2,3,4,5) 結果 3
最小値「1」と最大値「5」を除き
最小値「2」と最大値「4」を除き
残り「3」が中央値

例)=MEDIAN(1,2,3,4,5,6) 結果 3.5
最小値「1」と最大値「6」を除き
最小値「2」と最大値「5」を除き
残り「3,4」の平均値なので「3.5」が中央値

例)=MEDIAN(1,10,100,1000,10000,100000) 結果 550
最小値「1」と最大値「100000」を除き
最小値「10」と最大値「10000」を除き
残り「100,1000」の平均値なので「550」が中央値

値が奇数個ならばちょうど真ん中の値がそのまま表示
値が偶数個ならば真ん中に近い2つの数字の平均値を出します
平均を求めるGoogleスプレッドシート関数
・関数を使わずに数式だけで求める
 例)国語の平均 =(C3+C4+C5+C6)/4
    上記はC3~C6を足して4で割っています

・AVERAGEA関数のカンマ区切り
 例)国語の平均 =AVERAGEA(C3,C4,C5,C6)
    上記はC3とC4とC5とC6のAVERAGEA(平均値)

・AVERAGEA関数のコロン区切り
 例)国語の平均 =AVERAGEA(C3;C6)
    上記はC3~C6のAVERAGEA(平均値)

複数のセルの平均を出す方法
・複数の列の平均。(算数と理科の平均)
 例)算数と理科の平均 =AVERAGEA(D3;E6)
    隣り合うセルなので範囲で指定できます

・離れた複数の列の平均。(国語と社会の平均)
 例)国語と社会 =AVERAGEA(C3;C6,F3:F6)
    離れている場合「C3からC6」と「F3からF6」

MEDIANとよく使うスプレッドシート関数
 IF 値または数式が条件を満たしているかどうかをテスト
 COUNTIF 検索条件に一致するセルの個数を返します
 SMALL 指定範囲内の中から1番小さい2番目3番目と小さい順に呼び出します
 RANK   大きい順、小さい順、順位を出します


MEDIAN(メディアン)>HOME

Googleスプレッドシート関数

ネット上からデータを取得する関数

DETECTLANGUAGE(ディテクトランゲージ) テキストで使用される言語を識別して言語コードを返します

GOOGLETRANSLATE(グーグルトランスレート) 言語コードを指定して表示されている言語を翻訳します

ISURL(イズユーアールエル) 指定した値が有効な URL であるかどうかを検証します

IMAGE(イメージ) セル内に画像のURLを指定することで画像を表示します

IMPORTDATA(インポートデーター) 指定したファイルからタブ区切り、カンマ区切りで文字列を抜き出します

IMPORTFEED(インポートフィード) RSSフィードやAtomフィードをインポートします

IMPORTHTML(インポートHTML) ページのソースからクエリを指定して文字列を抜き出します

IMPORTXML(インポートエックスエムエル) さまざまな種類のデータから文字列をインポートします

(C) 2001-2021 Digital World