MEDIAN(メディアン)Googleスプレッドシート関数

MEDIAN(メディアン)は、指定した範囲の中央値を返します。

指定した範囲内のセルすべてが空白の場合「#NUM!」エラーになります
・関数MEDIAN(メディアン)
・書式=MEDIAN(値1, 値2, ...)
・内容指定した範囲の中央値(最小値と最大値を除いた平均値)を返します
使い方
例)=MEDIAN(1,2,3,4,5) 結果 3
最小値「1」と最大値「5」を除き
最小値「2」と最大値「4」を除き
残り「3」が中央値

例)=MEDIAN(1,2,3,4,5,6) 結果 3.5
最小値「1」と最大値「6」を除き
最小値「2」と最大値「5」を除き
残り「3,4」の平均値なので「3.5」が中央値

例)=MEDIAN(1,10,100,1000,10000,100000) 結果 550
最小値「1」と最大値「100000」を除き
最小値「10」と最大値「10000」を除き
残り「100,1000」の平均値なので「550」が中央値

値が奇数個ならばちょうど真ん中の値がそのまま表示
値が偶数個ならば真ん中に近い2つの数字の平均値を出します


平均を求めるGoogleスプレッドシート関数
・関数を使わずに数式だけで求める
 例)国語の平均 =(C3+C4+C5+C6)/4
    上記はC3~C6を足して4で割っています

・AVERAGEA関数のカンマ区切り
 例)国語の平均 =AVERAGEA(C3,C4,C5,C6)
    上記はC3とC4とC5とC6のAVERAGEA(平均値)

・AVERAGEA関数のコロン区切り
 例)国語の平均 =AVERAGEA(C3;C6)
    上記はC3~C6のAVERAGEA(平均値)

複数のセルの平均を出す方法
・複数の列の平均。(算数と理科の平均)
 例)算数と理科の平均 =AVERAGEA(D3;E6)
    隣り合うセルなので範囲で指定できます

・離れた複数の列の平均。(国語と社会の平均)
 例)国語と社会 =AVERAGEA(C3;C6,F3:F6)
    離れている場合「C3からC6」と「F3からF6」


MEDIANとよく使うスプレッドシート関数
 AVERAGE  空白や「0」のセルを無視した平均値
 AVERAGEA  空白や「0」のセルを含む平均値
 LARGE  範囲内の最大値
 SMALL  範囲内の最小値
 ROUNDDOWN   指定した桁数で切り捨て
HOME

Googleスプレッドシート関数

ネット上からデータを取得する関数

DETECTLANGUAGE(ディテクトランゲージ) テキストで使用される言語を識別して言語コードを返します

GOOGLETRANSLATE(グーグルトランスレート) 言語コードを指定して表示されている言語を翻訳します

ISURL(イズユーアールエル) 指定した値が有効な URL であるかどうかを検証します

IMAGE(イメージ) セル内に画像のURLを指定することで画像を表示します

IMPORTDATA(インポートデーター) 指定したファイルからタブ区切り、カンマ区切りで文字列を抜き出します

IMPORTFEED(インポートフィード) RSSフィードやAtomフィードをインポートします

IMPORTHTML(インポートHTML) ページのソースからクエリを指定して文字列を抜き出します

IMPORTXML(インポートエックスエムエル) さまざまな種類のデータから文字列をインポートします

(C) 2001-2020 Digital World