COUNTIF(カウントイフ)Googleスプレッドシート関数

COUNTIF(カウントイフ)関数は、指定された範囲内に含まれるセルのうち、検索条件に一致するセルの個数を返します。

数値のみの個数の場合は「COUNT」関数を使います。
空白以外の文字セルや数値の個数の場合は「COUNTA」関数を使います。
・関数COUNTIF(カウントイフ)
・書式=COUNTIF(範囲,検索条件)
・内容指定された範囲に含まれるセルのうち検索条件に一致するセルの個数を返します。
使い方
範囲は C18:D200 のようにセルを範囲指定
検索条件は "早退" のように「"」で囲うかセルを指定します。
例)=COUNTIF(C1:G30,"早退")

文字列はワイルドカード「*」を使うとことができます
"早*" 「早」で始まる
"*早*" 「早」を含む
"*退" 「退」で終わる

入力されている文字数でセルをカウントする場合はワイルドカード「?」を使います。「?」の数が文字数になります
1文字だけのセルの個数 "?"
3文字だけのセルの個数 "???"
5文字のセルの個数 "?????"

スプレッドシートサンプル
  A B C D E F G
1              
2     出勤 外出 再入 退勤 就業
3   9月19日 8:45     19:45  
4   9月20日 8:48 13:00 15:00 19:32  
5   9月21日         休日
6   9月22日 8:43     14:30 早退
7   9月23日 8:42     21:03  
スプレッドシートサンプルの休日の日数を数える
 =COUNTIF(G3:G7,"休日") 結果は 1

スプレッドシートサンプルの早退した日数を数える
 =COUNTIF(G3:G7,"早退") 結果は 1

スプレッドシートサンプルの19:00以降の退出日数を数える
 =COUNTIF(F3:F7,">=19:00") 結果は 3


個数求めるスプレッドシート関数はいくつかあります
COUNT(値1, 値2, ...)
 数値が入力されたセルの個数

COUNTA(値1, 値2, ...)
 空白以外の数値や文字セルの個数

・COUNTBRANK(値1, 値2, ...)
 空白セルの個数(数式で空白も可)

COUNTIF(範囲,検索条件)
 条件を指定してマッチしたセルの個数

COUNTIFS(範囲,検索条件,範囲,検索条件・・・)
 複数の列の条件が一致しているセルの個数

HOME

Googleスプレッドシート関数

ネット上からデータを取得する関数

DETECTLANGUAGE(ディテクトランゲージ) テキストで使用される言語を識別して言語コードを返します

GOOGLETRANSLATE(グーグルトランスレート) 言語コードを指定して表示されている言語を翻訳します

ISURL(イズユーアールエル) 指定した値が有効な URL であるかどうかを検証します

IMAGE(イメージ) セル内に画像のURLを指定することで画像を表示します

IMPORTDATA(インポートデーター) 指定したファイルからタブ区切り、カンマ区切りで文字列を抜き出します

IMPORTFEED(インポートフィード) RSSフィードやAtomフィードをインポートします

IMPORTHTML(インポートHTML) ページのソースからクエリを指定して文字列を抜き出します

IMPORTXML(インポートエックスエムエル) さまざまな種類のデータから文字列をインポートします

(C) 2001-2020 Digital World