TEXT(テキスト)Googleスプレッドシート関数

TEXT(テキスト)Googleスプレッドシート関数

TEXT(テキスト)は、書式設定と同様に表示形式を指定することができます

小数点以下の桁数をそろえたり「0」で始まる桁数でそろえることができます

・関数TEXT(読み方:テキスト)
・書式=TEXT(数値,表示形式)
・内容セルに表示形式を指定することができます
日時の表示形式を指定する場合
日時を出す関数NOW関数を使います
何も指定しない場合
=NOW()
=2021/01/16 20:43:50:

時間を取得
=TEXT(NOW(),"HH:mm:ss")
=20:43:50 (2桁表示、24時間制

日付を取得
=TEXT(NOW(),"yyyy/mm/dd")
=2021/01/16 (年4桁、月日2桁表示

=TEXT(NOW(),"yyyy年m月d日")
=2021年1月16日 (年4桁、月日1~2桁表示
標準の表示形式の種類
YY 2桁の年 21
yyyy 4桁の年 2021
m 1桁か2桁の月 1
mm 2桁の月 01
d 1桁か2桁の日付 16
dd 2桁の日付 16
ddd 曜日の1文字
dddd 曜日の3文字 土曜日
HH 24時間制の時 20
hh 12時間制の時 08
m 1桁か2桁の分 43
mm 2桁の分 43
ss 2桁の秒 50
特殊な表示形式の種類
mmm 月の省略名 01月
mmmm 月の正式名 01月
mmmmm 月名の最初の1文字 0
AM/PM 午前、午後を表示 午後
数字をすべて同じ桁数で表示する場合
数字は通常頭に「0」をつけると「0」は消えます
表示形式を文字列に「’」を付けることで表示できますが
列指定など数が多いときはTEXT関数の表示形式で桁数を固定できます
また小数点以下も表示数を揃えることができます

=TEXT(数値,表示形式)
=TEXT(00000123.40,"00000000.00")
=00000123.40

その他のよく使う表示形式
セル)B5=12345678 の場合
=TEXT(B5,"#円")
=12345678円
=TEXT(B5,"0,000円")
=12,345,678円
=TEXT(B5,"#,###円")
=12,345,678円

※注意
上記のようにTEXT関数で数値を指定した場合、表示より下の桁で四捨五入されます
=TEXT("1999.9","0,000円")
=2,000円
「円」表示ではなく「\」マークを使う場合はTEXT関数ではなくYEN関数を使用します
YEN(数値, [小数点以下の桁数:省略時 2 ])
=YEN(B5)
=\12,345,678
=TEXT("0.75","#%")
=75%
=TEXT("1","#%")
=100%

=TEXT("0.25","0.00")
=0.25
=TEXT("0.5","0.00")
=0.50
=TEXT("0.75","0.00")
=0.75


日時を取得する他の関数
 NOW  現在の日付を取得します
 TODAY  日付と時刻を取得します
 TIME  時刻に対応する小数を返します


TEXT(テキスト)>HOME

Googleスプレッドシート関数

ネット上からデータを取得する関数

DETECTLANGUAGE(ディテクトランゲージ) テキストで使用される言語を識別して言語コードを返します

GOOGLETRANSLATE(グーグルトランスレート) 言語コードを指定して表示されている言語を翻訳します

ISURL(イズユーアールエル) 指定した値が有効な URL であるかどうかを検証します

IMAGE(イメージ) セル内に画像のURLを指定することで画像を表示します

IMPORTDATA(インポートデーター) 指定したファイルからタブ区切り、カンマ区切りで文字列を抜き出します

IMPORTFEED(インポートフィード) RSSフィードやAtomフィードをインポートします

IMPORTHTML(インポートHTML) ページのソースからクエリを指定して文字列を抜き出します

IMPORTXML(インポートエックスエムエル) さまざまな種類のデータから文字列をインポートします

(C) 2001-2021 Digital World