IMPORTHTML(インポートHTML)

IMPORTHTML(インポートHTML)

IMPORTHTML関数は指定したページのソースからクエリを指定して文字列を抜き出します。
・関数IMPORTHTML
・書式=IMPORTHTML(URL,クエリ,指数)
・内容ページのソースからクエリを指定して文字列を抜き出します。
URL
検証するページのURL(http://、https://から始まる絶対値)

クエリ
目的のデータを含むアイテムの種類を "list"か "table"で指定します
"table"は<table>タグで1つの<table>を"1"と数えます
"list"は<ul>タグを"1"と数え<li>タグ内を表示します
リスト例
<ul style="margin: 0px 0px 20px -20px;">
<li>DETECTLANGUAGE</li>
<li>GOOGLETRANSLATE</li>
<li>IMPORTHTML</li>
</ul>

指数
対象の表またはリストについて何番目に表示されるか1から順に指定します

例)セルB4:このページの"table"を呼び出します
=IMPORTHTML("https://google.dw230.com/importhtml","table",1)

スプレッドシート表サンプル
  A B C D
1      
2    ・関数  *IMPORTHTML*  
3    ・書式  =IMPORTHTML(URL,クエリ,指数)  
4    ・内容  指定したURLからクエリを指定して文字列を抜き出します。  
5        
6      DETECTLANGUAGE  
7      GOOGLETRANSLATE  
8      IMPORTHTML  
9        
スプレッドシート表サンプルの”セル B2”の数式
=IMPORTHTML("https://google.dw230.com/importhtml","table",1)
このページの関数の紹介のテーブルが表示されます
※太字や色は無視されます(<storong>タグは「*」?)

スプレッドシート表サンプルの”セル C6”の数式
=IMPORTHTML("https://google.dw230.com/importhtml","list",1)
このページのリスト例のリストが表示されます

対象クエリが見つからない場合「#N/A」エラーを返します


IMPORTHTMLとよく使う関数
 ISURL  セルに指定されたURLが有効かテストします
 IMAGE  セル内にURL指定して画像を表示します
 IMPORTHTML  指定したURLから文字列を抜き出します
HOME

Googleスプレッドシート関数

ネット上からデータを取得する関数

DETECTLANGUAGE(ディテクトランゲージ) テキストで使用される言語を識別して言語コードを返します

GOOGLETRANSLATE(グーグルトランスレート) 言語コードを指定して表示されている言語を翻訳します

ISURL(イズユーアールエル) 指定した値が有効な URL であるかどうかを検証します

IMAGE(イメージ) セル内に画像のURLを指定することで画像を表示します

IMPORTDATA(インポートデーター) 指定したファイルからタブ区切り、カンマ区切りで文字列を抜き出します

IMPORTFEED(インポートフィード) RSSフィードやAtomフィードをインポートします

IMPORTHTML(インポートHTML) ページのソースからクエリを指定して文字列を抜き出します

IMPORTXML(インポートエックスエムエル) さまざまな種類のデータから文字列をインポートします

(C) 2001-2020 Digital World