AVERAGEA(アベレージエー)Googleスプレッドシート関数

AVERAGEA(アベレージエー)は、指定した範囲すべての入力されたセルの合計を入力されているセルの個数で割った値を返します。空白や文字列は「0」として計算されます。

指定した範囲内のセルすべてが空白の場合「#DIV/0!」エラーになります
空白や文字列を無視する場合は「AVERAGE」を使います。(「AVERAGE」も未入力は無視されます)
範囲すべての数値の中央値を求めるのは「MEDIAN」関数を使います
・関数AVERAGEA(アベレージエー)
・書式=AVERAGEA(数値1, 数値2, ...)
・内容平均を求める数値データを指定します。
空白=0 文字列=0 未入力=無視
※空白と未入力セルの違い
未入力は何も入力されていない状態(空のセル)
空白は数式が入力されている場合(数式の結果が空白)
=if(d4=0,"○","") など結果が空白なら空白です

使い方
カンマ区切り(セルを指定。数値1と数値2をカンマで区切る)
例)=AVERAGEA(C18,C19,C20,C21)
  上記はC18とC19とC20とC21

コロン区切り(セルからセル。数値1と数値2をコロンで区切る)
例)=AVERAGEA(C18:C21)
  上記はC18~C21

上記を組み合わせたり列を複数選択も可能
例)=AVERAGEA(C18,C19,D25:D29)
  上記はC18とC19とC20とC21とD25~D29

スプレッドシートサンプル
  A B C D E F G
1              
2     国語 算数 理科 社会  計 
3   鈴木 87 75 70 90 322
4   佐藤 76 69 65 72 282
5   小林 60 88 90 62 300
6   高橋 98 95 95 90 378
7   平均 80.3 81.8 80.0 78.5 320.5
スプレッドシートサンプルの”セル C7”の数式と設定
 数式 =AVERAGEA(C3;C6)
表示形式>数字>数値を選択すると小数点以下2桁を表示
表示形式>数字>表示形式の詳細設定>カスタム表示形式で桁数を指定できます
表示形式で桁数を指定しないと小数点以下が多いとき見た目が悪くなります
またメニューを表示してる場合には小数点の位置をボタンで変更できます
小数点以下の表示数
ボタンで小数点以下の数を減らした場合表示は非表示にした数字が四捨五入されて表示されます
小数点以下四捨五入
セルB3は数式バーでは「9.9999」ですが表示を1桁減らすとセルの表示は「10.000」になります

※AVERAGEA関数がエラーになる場合
AVERAGEA関数を使用して対象セルがすべて空白の場合「#DIV/0!」エラーになります
その場合はIFERROR関数でエラーの場合は非表示にします
=AVERAGEA(C3:C6)

=IFERROR(AVERAGEA(C3:C6),"")


平均を求めるにはいくつか計算方法があります
・関数を使わずに数式だけで求める
 例)国語の平均 =(C3+C4+C5+C6)/4
    上記はC3~C6を足して4で割っています

・AVERAGEA関数のカンマ区切り
 例)国語の平均 =AVERAGEA(C3,C4,C5,C6)
    上記はC3とC4とC5とC6のAVERAGEA(平均値)

・AVERAGEA関数のコロン区切り
 例)国語の平均 =AVERAGEA(C3;C6)
    上記はC3~C6のAVERAGEA(平均値)

複数のセルの平均を出す方法
・複数の列の平均。(算数と理科の平均)
 例)算数と理科の平均 =AVERAGEA(D3;E6)
    隣り合うセルなので範囲で指定できます

・離れた複数の列の平均。(国語と社会の平均)
 例)国語と社会 =AVERAGEA(C3;C6,F3:F6)
    離れている場合「C3からC6」と「F3からF6」


AVERAGEAとよく使うスプレッドシート関数
 AVERAGE  空白や「0」のセルを無視した平均値
 LARGE  範囲内の最大値
 SMALL  範囲内の最小値
 ROUNDDOWN   指定した桁数で切り捨て

エクセル(EXCEL)のAVERAGEA関数との違い
=AVERAGEA(数値1, 数値2, ...)
GoogleスプレッドシートとエクセルのAVERAGEA関数は使い方は一緒ですが
エクセルのAVERAGEA関数は「数値1, 数値2・・」と数値は255までで255個を超えると
この関数に対して、多すぎる引数が入力されています
「この関数に対して、多すぎる引数が入力されています」
とポップアップ表示され入力できません

HOME

Googleスプレッドシート関数

ネット上からデータを取得する関数

DETECTLANGUAGE(ディテクトランゲージ) テキストで使用される言語を識別して言語コードを返します

GOOGLETRANSLATE(グーグルトランスレート) 言語コードを指定して表示されている言語を翻訳します

ISURL(イズユーアールエル) 指定した値が有効な URL であるかどうかを検証します

IMAGE(イメージ) セル内に画像のURLを指定することで画像を表示します

IMPORTDATA(インポートデーター) 指定したファイルからタブ区切り、カンマ区切りで文字列を抜き出します

IMPORTFEED(インポートフィード) RSSフィードやAtomフィードをインポートします

IMPORTHTML(インポートHTML) ページのソースからクエリを指定して文字列を抜き出します

IMPORTXML(インポートエックスエムエル) さまざまな種類のデータから文字列をインポートします

(C) 2001-2020 Digital World