IMPORTFEED(インポートフィード)

IMPORTFEED(インポートフィード)

IMPORTFEED関数は、URLを指定してRSSフィードやAtomフィードをインポートします。
・関数IMPORTFEED(インポートフィード)
・書式=IMPORTFEED(URL,クエリ,見出し,アイテム数)
・内容RSSフィードやAtomフィードをインポートします。
URL
フィードのURL(http://、https://から始まる絶対値)

クエリ(省略可:デフォルトは "items")
"feed"
タイトル、説明、URL を含む 1 行が返されます
"feed title"
タイトルの 1 行が返されます
"feed description"
説明の 1 行が返されます
"feed author"
作成者の 1 行が返されます
"feed url"
URLが 1 行が返されます
"items"
タイトル、作成者、URL、日時、本文をすべて返します
"items title"
タイトルをすべて返します
"items summary"
ハイパーリンクと画像を除くアイテムのコンテンツをすべて返します
"items url"
URLをすべて返します
"items created"
アイテムに関連付けられている投稿日をすべて返します

見出し(省略可:デフォルトは FALSE)
最上部に列見出し用の追加の行を含めるかを指定します。

アイテム数(省略可)
直近のアイテムから順にアイテムの数を指定します。

クエリの指定は
"feed" はブログ全体のタイトルや説明、URL返し
"items" は記事の内容を返します

例)セルB2:ブログ本体のタイトルと説明文とURL
=IMPORTFEED("https://dw230.jp/wp/?feed=rss2","feed")

スプレッドシート表サンプル
  A B C D E
1      
2    DW230  デジタルワールド https://dw230.jp/wp  
3          
4    Intel スティックPC BOX:Windows 10 May 2020 Update  
5    HP Spectre x2:Windows 10 May 2020 Update  
6    インテル NUC NUC8i7BEH:Windows 10 May 2020 Update  
7    Spectre x2 バッテリー膨張 液晶浮き  
8    MX MASTER 3 MX MASTER 2s 比較  
9          
スプレッドシート表サンプルの”セル B2”の数式
=IMPORTFEED("https://dw230.jp/wp/?feed=rss2","feed")
ブログ本体のタイトルと説明文とURLが横に表示されます

スプレッドシート表サンプルの”セル B4”の数式
=IMPORTFEED("https://dw230.jp/wp/?feed=rss2","items title",FALSE,5)
ブログ記事のタイトルを5つ指定

対象URLが見つからない場合「#N/A」エラーを返します


IMPORTFEEDとよく使う関数
 ISURL  セルに指定されたURLが有効かテストします
 IMAGE  セル内にURL指定して画像を表示します
 IMPORTFEED  指定したURLから文字列を抜き出します
HOME

Googleスプレッドシート関数

ネット上からデータを取得する関数

DETECTLANGUAGE(ディテクトランゲージ) テキストで使用される言語を識別して言語コードを返します

GOOGLETRANSLATE(グーグルトランスレート) 言語コードを指定して表示されている言語を翻訳します

ISURL(イズユーアールエル) 指定した値が有効な URL であるかどうかを検証します

IMAGE(イメージ) セル内に画像のURLを指定することで画像を表示します

IMPORTDATA(インポートデーター) 指定したファイルからタブ区切り、カンマ区切りで文字列を抜き出します

IMPORTFEED(インポートフィード) RSSフィードやAtomフィードをインポートします

IMPORTHTML(インポートHTML) ページのソースからクエリを指定して文字列を抜き出します

IMPORTXML(インポートエックスエムエル) さまざまな種類のデータから文字列をインポートします

(C) 2001-2020 Digital World