GOOGLETRANSLATE(グーグルトランスレート)

GOOGLETRANSLATE(グーグルトランスレート)

GOOGLETRANSLATE関数はセルに表示されている言語を自動で判断してデフォルトはシステムの言語に翻訳、または言語コードを指定することで指定の言語に翻訳します。
・関数GOOGLETRANSLATE(グーグルトランスレート)
・書式=GOOGLETRANSLATE(テキスト,ソース言語,ターゲット言語)
・内容表示されている言語を指定の言語に翻訳します。
テキスト
翻訳するテキスト

ソース言語省略可(デフォルトは "auto")
2文字の言語コードで指定

ターゲット言語省略可(デフォルトはシステムの言語)
2文字の言語コードで指定

例)英語から日本語に翻訳
=GOOGLETRANSLATE("Hello","en","ja")
結果:こんにちは

例)ソース言語ターゲット言語を省略した場合
=GOOGLETRANSLATE("北京欢迎您")
結果:北京へようこそ

スプレッドシート表サンプル
  A B C D
1      
2   文字列 システム言語に翻訳  
3    May 1, 2019  2019年5月1日  
4    北京欢迎您  北京へようこそ  
5    Hola, ¿cómo estás?  こんにちは、お元気ですか?  
6    감사합니다  ありがとうございます  
7        
スプレッドシート表サンプルの”セル C3”の数式
例1)=GOOGLETRANSLATE(B3)

対象セルが空白の場合「#VALUE!」エラーになります
対象セルが記号や翻訳できない場合、元のセルの内容が表示されます
対象セルが数値の場合、数値が表示されます

例)テキストがD3の場合:日本語英語
=GOOGLETRANSLATE(D3,"ja","en")

例)テキストがD3の場合:日本語中国語
=GOOGLETRANSLATE(D3,"ja","zh")

例)テキストがD3の場合:日本語フランス語
=GOOGLETRANSLATE(D3,"ja","fr")

言語コード
ja:日本語
en:英語
zh:中国語
ko:韓国語
fr:フランス語
ru:ロシア語
es:スペイン語
el:ギリシャ語
pt:ポルトガル語
vi:ベトナム語
ar:アラビア語

Googleスプレッドシートの言語コードがどれだけ対応しているか分かりませんが、以下はGoogle翻訳にある言語コードの一覧です
スプレッドシートに貼り付けてVLOOKUP関数で呼び出せます

テキストBOX内の102言語すべて試してみましたが「ソト語」が「#VALUE!」エラーになりましたが他はすべて翻訳されました


GOOGLETRANSLATEとよく使う関数
 DETECTLANGUAGE  セル内の文字列の言語コードを返します
 GOOGLETRANSLATE  指定の言語に翻訳します
 VLOOKUP  特定の値を検索
HOME

Googleスプレッドシート関数

ネット上からデータを取得する関数

DETECTLANGUAGE(ディテクトランゲージ) テキストで使用される言語を識別して言語コードを返します

GOOGLETRANSLATE(グーグルトランスレート) 言語コードを指定して表示されている言語を翻訳します

ISURL(イズユーアールエル) 指定した値が有効な URL であるかどうかを検証します

IMAGE(イメージ) セル内に画像のURLを指定することで画像を表示します

IMPORTDATA(インポートデーター) 指定したファイルからタブ区切り、カンマ区切りで文字列を抜き出します

IMPORTFEED(インポートフィード) RSSフィードやAtomフィードをインポートします

IMPORTHTML(インポートHTML) ページのソースからクエリを指定して文字列を抜き出します

IMPORTXML(インポートエックスエムエル) さまざまな種類のデータから文字列をインポートします

(C) 2001-2020 Digital World