ROUNDUP(ラウンドアップ)Googleスプレッドシート関数

ROUNDUP(ラウンドアップ)Googleスプレッドシート関数

ROUNDUP(ラウンドアップ)は、数値を指定された桁数で切り上げます。小数点以下を1文字ならば1、小数点以上(1の位)を切り上げる場合は-1を指定します
・関数ROUNDUP(読み方:ラウンドアップ)
・書式=ROUNDUP(数値,桁数)
・内容数値を指定された桁数で切り上げます
使い方
数値は数字であることが条件で漢字やカナなどの文字列、全角の数字も認識されません。
桁数は小数点以下を数えます
 例)=ROUNDUP("3.1415926535",3) 結果は 3.142

小数点以上を指定する場合 -(マイナス)で指定します
 例)=ROUNDUP("123456789",-3) 結果は 123457000

エクセルのはROUNDUPは全角の数字を数値として認識しますが、Googleスプレッドシートでは「#VALUE!」エラーになります。

例:エクセル)=ROUNDUP("123456",-2) 結果は 123500
例:スプレッドシート)=ROUNDUP("123456",-2) 結果は #VALUE!

スプレッドシートサンプル
  A B C D E F G
1              
2     国語 算数 理科 社会  計 
3   鈴木 87 75 70 90 322
4   佐藤 76 69 65 72 282
5   小林 60 88 90 62 300
6   高橋 98 95 95 90 378
7   平均 80.3 81.8 80.0 78.5 320.5
スプレッドシートサンプルの”セル C7”の数式
平均値の数式「AVERAGE(C3:C6)」を小数点以下1桁目で切り上げます
数式 =ROUNDUP(AVERAGE(C3:C6),1)

小数点以下の桁数が違うと表の見栄えが悪くなります
小数点以下をそろえることで見やすくできます。
数値を
0
0.5
1
1.5
2
2.5
のように0.5単位で切り上げたい場合や
105
110
115
120
125
のように5単位で切り上げたい場合は
「CEILING」関数を使用します

=ROUNDUP(111.11,0)
=112.0

=CEILING(111.11,0.5)
=111.5

詳細→「CEILING」と「ROUNDUP」の違い
ROUNDUPとよく使うスプレッドシート関数
 RAND  0以上で1より小さい乱数を発生
 LARGE  範囲内の最大値
 SMALL  範囲内の最小値


ROUNDUP(ラウンドアップ)>HOME

Googleスプレッドシート関数

ネット上からデータを取得する関数

DETECTLANGUAGE(ディテクトランゲージ) テキストで使用される言語を識別して言語コードを返します

GOOGLETRANSLATE(グーグルトランスレート) 言語コードを指定して表示されている言語を翻訳します

ISURL(イズユーアールエル) 指定した値が有効な URL であるかどうかを検証します

IMAGE(イメージ) セル内に画像のURLを指定することで画像を表示します

IMPORTDATA(インポートデーター) 指定したファイルからタブ区切り、カンマ区切りで文字列を抜き出します

IMPORTFEED(インポートフィード) RSSフィードやAtomフィードをインポートします

IMPORTHTML(インポートHTML) ページのソースからクエリを指定して文字列を抜き出します

IMPORTXML(インポートエックスエムエル) さまざまな種類のデータから文字列をインポートします

(C) 2001-2021 Digital World