MID(ミッド)Googleスプレッドシート関数

MID(ミッド)Googleスプレッドシート関数

MID(ミッド)は文字列の指定された位置から指定された文字数の文字を返します

既定の言語の設定に関係なく、1 バイト文字も 2 バイト文字も、各文字が常に 1 つとして数えられます。

・関数MID(読み方:ミッド)
・書式=MID(文字列,開始位置,文字数)
・内容文字列の任意の位置から指定された文字数の文字を返します。半角と全角の区別しません。
例)=MID("新しい元号は令和(れいわ)",7,2)
結果は 令和 7文字目から2文字取得しています
※文字列は 「"」 で挟む必要があります。セル指定もできます。


MID(ミッド)関数とよく使われる関数
 LEN セル内の文字数を取得
 MID セル内の〇文字目から〇文字を抽出
 LEFT セル内の左から〇文字抽出
 RIGHT セル内の右から〇文字抽出

文字列を取得する他の関数
 LEN  文字列の文字数を取得します
 MID  指定された文字数の文字を取得します
 SEARCH  字列を他の文字列の中から検索します
 SUBSTITUTE  指定した文字を置換します


MID(ミッド) > HOME

Googleスプレッドシート関数

ネット上からデータを取得する関数

DETECTLANGUAGE(ディテクトランゲージ) テキストで使用される言語を識別して言語コードを返します

GOOGLETRANSLATE(グーグルトランスレート) 言語コードを指定して表示されている言語を翻訳します

ISURL(イズユーアールエル) 指定した値が有効な URL であるかどうかを検証します

IMAGE(イメージ) セル内に画像のURLを指定することで画像を表示します

IMPORTDATA(インポートデーター) 指定したファイルからタブ区切り、カンマ区切りで文字列を抜き出します

IMPORTFEED(インポートフィード) RSSフィードやAtomフィードをインポートします

IMPORTHTML(インポートHTML) ページのソースからクエリを指定して文字列を抜き出します

IMPORTXML(インポートエックスエムエル) さまざまな種類のデータから文字列をインポートします

(C) 2001-2021 Digital World